7/26週 相場予想

こんにちわ、otomonです。

今週の相場に向けてチャート分析をお伝えします。

あくまで分析ですので参考程度に拝見ください。

 

その前に・・・

ブログランキングに参加しています。


為替・FXランキング

よろしければ「ポチっと」ご協力お願いします。

 

ドル円

〇日足

上昇トレンドになろうとしています。

高値が切り上がっていますので

まずは111.63付近を抜けるかですね。

 

〇4時間足

直近の形は逆三尊の形に見えます。

110.35付近を下抜けない限り上昇と見てもいいでしょう。

次の抵抗ラインは110.70付近なので

ここを抜けると上昇モードに突入かもしれません。

 

〇1時間足

109.00に届かずに反転、上昇していきました。

一旦のレンジを経て再度上昇しています。

下は110.35-40付近を下抜けない限りは上昇と見えます。

まずは直近のライン110.70を抜けるかどうかですね。

 

〇戦略

・どちらかというと上目線

・押し目を待ってハイエントリー

・110.35-40付近の反発狙い(ハイ)

・110.35-40を下抜けした場合はローリバを待ってローエントリー

 

 

ユロ円

〇日足

V字で落ちてきています。

そして128.50付近のラインで弾かれました。

ちょうどSMA200付近でもありますので

上昇か、下降かの戦いが始まると見ています。

 

〇4時間足

下降トレンドが始まっています。

直近の高値、130.30を上抜けると一旦は上昇の可能性がありますが

上には131.00-10のラインやSMA200が控えていますので

ここら辺で抑えられる可能性があります。

ただ、直近の形が逆三尊にも見えるため、反転上昇する可能性も大いにあります。

 

〇1時間足

下降トレンドが続くかと思われましたが反転上昇し

再度レンジ状態に突入しています。

まずは直近のライン130.30付近、そして131.00-10付近の反発に注目です。

再度下のライン、129.60付近を抜けると下に加速していくかもしれません。

 

〇戦略

・どちらかというと下目線

・第一ライン130.30付近で反発すればロー、ブレイクすればハイでいきたいところ。

・第二ライン131.00-10付近で反発する可能性あり。

・反転上昇の形も出ているため、柔軟に対応

 

 

ポン円

〇日足

2017年の高値付近で抑えられてから落ちていきましたが

今年の2月の安値で再度反発し上昇に転しています。

もう一度高値を挑戦するのかどうか注目です。

 

〇4時間足

SMA200を下抜け、下降チャネル内にいます。

しかし、戻りも大きく、上昇への余地も十分にあります。

今の形が逆三尊になりそうな形状でもありますね。

上のライン、153.50付近にはSMA200も控えていますので

上がった場合はここら辺での攻防に注目します。

 

〇1時間足

逆三尊を形成し上昇していきました。

勢いのある上昇なので、このまま上昇トレンドに変わっていく可能性はあります。

まずは、下のライン151.60-62付近で反発した場合はハイエントリー

逆に抜けた場合はローリバを待ってローエントリーを仕掛けたいと見ています。

上は152.80付近に注目です。

ここを簡単に上抜けするならば一気に上まで行く可能性があります。

 

〇戦略

・上下、どちらともいえない

・151.60-62付近の反発狙いもしくはブレイク後のローリバ狙い

 

 

まとめ

今の段階では月曜の窓開けによって戦略が変わる可能性はあります。

ただし、ある程度分析しておくことで方向性を理解しておくことが大切です。

私の場合は、長期足の流れに逆らわず、15分足でタイミングを計ることが多いです。

 

 

それでは、今週も負けないトレードで

コツコツ頑張っていきましょう👍

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

otomon

 

 

前の記事

7/19週 相場予想