目標を持つことが重要

こんにちわ、Otomonです。

 

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

年明けは一年の目標を決めるのに

ぴったりですよね。

 

あなたは、何か新しいことを始めるとき

明確な「目標」を持っていますか?

目標がないまま、何かを始めても長続きしません。

 

人はゴールを設定すると、そこに向かって努力します。

目標の難易度が高いほど、努力の質と量も増えてきます。

 

「次のテストで100点取りたいから」よりも

「東大に入りたいから勉強する」の方が

努力する具合は段違いになりますよね。

 

また、本来の目標よりも

最初から難易度を高めにしておくことで

達成しやすくもなります。

 

例えば

ゴールとする目標が

「100%」とするならば

「120%」を目標に据えるという事ですね。

 

今回は

「目標」が努力のモチベーションに繋がるという

マインドセットをお伝えしたいと思います。

 

やる理由は素直であれ

あなたは自分に対して素直に生きられてますか?

周りがどうあれ

自分の感情、やりたいことに素直に生きられていますか?

 

日本人の特徴として

「自分の欲を出すことはいけないこと」

という暗黙の了解があるように思います。

 

確かにそれを美徳だ!と言う人もいるでしょう。

ですが、欲求を我慢して

自分が満たされていない状態なのに

他人に対して、心から何か与えられるものはあるのでしょうか?

 

自分の心が満足しておらず、幸せになっていないのに

自分の周りを満たしたり、誰かを幸せにすることは

ほぼ不可能だと思います。

 

まずは、自分を一番に幸せにしましょう。

そうすれば、自分に近しいところから

自然と幸せになっていくはずです。

 

自分に近しいところ

まずは

「自分」

「夫婦、恋人」

「家族」

「友人や同僚」

「社会」

という流れです。

 

自分の選択が

本当に自分の幸せの為か?

を一番に考えてみてください。

 

そうすると

次につながって、どんどん全てがうまくいきます。

結果、自分もさらに幸せになっていくのです。

 

まずは、自分を幸せにするために

「目標」をしっかりと決めてください。

 

私が起業したのは

「家族を今よりもっと幸せにしたい!」

「親孝行したい!」

などと思って、独立しました。

 

いや、本当にそう思ってはいましたが

実際のところは少し違います。

 

起業するときに願った本当の目標は

「月収100万円稼ぎたい!」

「高級車に乗りたい!」

「海外旅行に行きまくりたい!」

「美味しいものをたくさん食べたい!」

などなど

ほとんど、自分の欲望ですね。

 

まずは

自分の欲求に素直になり「目標」を定める。

そして、努力して「目標」を達成し

まずは自分が幸せになる。

 

そして次に、周りも幸せにしていきましょう。

それが巡り巡って、さらに自分も幸せになれます。

 

選択と決断

今のあなたは

過去のあなたが「選択と決断」を繰り返してきた結果

形成されています。

 

そして、これからも

多くの「選択と決断」に迫られることでしょう。

その時に、どう考えて行動するか?が重要になってきます。

 

結論から言えば

常に「自分の目標」に近づくのかどうかを基準にしなければなりません。

 

例えば

今日あなたは、就職面接の予定が入っていたとします。

ですが、前から気になっていた

著名な起業家のセミナーが、本日限りで空きが出たとします。

あなたならどうしますか?

 

もしかすると、大抵の人は面接を選ぶかもしれません。

それがあなたの「目標」ならそれが正解でしょう。

 

ですが、あなたの目標が「起業家になる」ということであれば

面接を断ってでもセミナーに行くべきです。

 

人生のおいて、チャンスは早々巡ってくるものではありません。

そのチャンスを活かすためには

常に「目標」をしっかりと定めておくべきです。

そして、それに向かっていける「選択と決断」をするべきなのです。

 

時間は無限ではありません。

成功している多くの人は

この「選択と決断」を自分の「目標」に合わせて行っています。

 

そして、成功できない人は

「目標」を明確にしていない人が多く

結果、自身の「目標」にそぐわない「選択と決断」をしているのです。

 

まずは「目標」を定める

そして、それに向かって「選択と決断」する。

それが出来れば、自ずと目標達成へと繋がっていくはずです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

「目標」は生きていくうえで、とても重要です。

そして、その「目標」は

自分を幸せにすることができる欲求に対して

「素直な目標」にしましょう。

 

次に、その「目標」に近づくための

「選択と決断」をしていきます。

 

最終的には自分の「目標」を達成し

自分を幸せに、そして周りも幸せにしていきましょう!