otomon流 資金管理

こんにちわ、otomonです。

 

以前に「資金管理」について少しだけ投稿しましたが

もう少し、自分が考えて実践している内容を

掘り下げてお伝えしたいと思います。

 

巷では色々な考え方がありますので

これが正解と言うつもりは全くありません。

 

あくまで考え方の1つとして、参考にしていただければ幸いです。

 

今回は「otomon流 資金管理」についてお伝えしていきます。

 

その前に・・・

ブログランキングに参加しています。


為替・FXランキング

よろしければ「ポチっと」ご協力お願いします。

 

資金管理の一般的な考え方

 

書籍やブログ、ツイッター等のSNSを見ていると

資金管理のルールに関して

大体同じことが言われているように見受けられます。

 

それは

「エントリー後、ある程度の逆行に耐えられるよう、レバレッジを抑えて資金(ロット)管理していく」

ということ。

 

これはこれで、間違いでは無いと思います。

すぐにロスカットされるようなロット管理では、トレードは出来ません。

 

では、ある程度の逆行ってどのくらいなのでしょうか?

50pipsや100pipsまで耐えればいいんでしょうか?

 

人によって考え方が様々ですので一概には言えませんし

通貨によってボラも違うので何とも言えないでしょう。

また、資金力によっても左右されてしまいますね。

 

要は、このような資金管理の考え方には「基準」が無いんです。

 

「基準」が無いのに「ルール」と言っているところが

私には到底理解できません。

 

ですので、このような考え方を私は排除することにしました。

 

そして、自分なりの「資金管理のルール」を決めていったのです。

 

 

otomon流 資金管理

 

私が考える「資金管理」のルールは誰でも共通して実践していける内容です。

共感していただける方は、参考にしてみてください。

 

〇ルール1

「1エントリー当たりのレバレッジは最大3-5倍以内にすること」

私の場合は3-4通貨を監視しています。

なので、最大同時に4ポジションを持つ可能性があるということです。

国内口座の場合はレバレッジ25倍が最大ですので

それに合わせたロット管理、ということになります。

ただ、ギリギリに設定してしまうと危険ではありますので

少し余裕を持ったロットが望ましいです。

 

〇ルール2

「エントリーする際は、損切ラインを決めておくこと。」

私の場合は、その際の損切幅が最大20pipsまでになるところでしかエントリーをしない。

(ドル円などのボラの低い通貨は大体10pips以内に留めるようにしています)

 

そもそも大きく逆行するという事は

エントリータイミングが適切ではなかったということになります。

 

また、エントリーには必ずラインなどの「根拠となる数値」があるはずです。

ということは、その「根拠」が崩れた時が「損切目安」になっていないと理屈が通らないのです。

 

「エントリー根拠」=「損切目安」ですね。

なので、大きな負けトレードをしてしまうことはほとんどありません。

 

私は、たったこの2つだけで、資金管理をしています。

 

ルール2は資金管理ではなく、損切ルールではないのか?

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

その通りです。

ルール2は損切ルールでもあります。

 

では、なぜこれが資金管理のルールになるのか。

それは、「逆行で耐えるpipsを損切ラインまでにすることを徹底するためです。」

 

最初にお伝えした曖昧なルール

例えば、50pipsや100pips耐えられるのが資金管理、ということではなく

最大でも20pips以内に損切しなければならないところでエントリーをすることで

それ以上の余計な含み損に耐える必要が無いようにする、ということです。

 

であれば、ラインブレイク、ライン反発だろうが、押し目買い、戻り売りであっても

エントリー根拠が決まった時に

その根拠までの損切幅がルールで決めた規定値以内に収まるところだけエントリーをする。

そうすることで、それ以上の含み損になることは無い、ということになります。

 

最後に

いかがでしたか?

 

資金管理は、数十pipsの逆行に耐えられるようにするという考え方ではなく

損切幅が狭い所で勝負する、ということ。

 

損切幅が狭ければリスクリワードも自ずと良くなります。

 

大きな含み損を抱えてお祈りトレードをするよりも

しっかりとルールを決めて損切幅を狭くし、逆行した時は潔く損切する。

 

そして、またチャンスが来ればエントリーする方が

メンタル的にも安定します。

 

FXで100%勝ち続けることなんて出来ません。

だからこそ、負けをどれだけ少なくするか。

 

これが一番大事なのです。

 

「資金管理」を徹底したいなら「損切」を徹底することをおススメします。

この2つは連動していることを認識しましょう。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

otomon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の記事

7/19週 相場予想